• 高崎で注文住宅を建てる時のポイント

    高碕は群馬県の中心地として有名です。

    新幹線も止まるため、多くの人が高崎市を利用しています。

    通勤をする場合でも前橋市や熊谷市の方まで行くことが可能です。
    このような場所で注文住宅を建築する場合は、どのような住宅でもよいというわけではありません。



    高崎駅前で注文住宅を建築する場合は、東京23区などと比べれば土地の値段は安いですが、同じ高崎市内であればやはり土地の値段は高いのが特徴です。
    当然あまり広い面積を確保することが難しいため2階建てで横に伸ばすよりも、上にのばして3階建てにするか、下に伸ばして地下室をつくるかをどちらかになるでしょう。


    この場合、鉄筋コンクリートでなくても問題ありませんが、もし地下室をつくる場合であれば鉄筋を利用した注文住宅にするのが良いです。

    また1階部分をガレージにして2階と3階を居住するスペースにするのであれば、やはり木造住宅では住宅を支えるのに耐震性が不安になります。



    確かに最近の木造住宅は、鉄筋コンクリート並みに頑丈なものになっていますが、それでも1階部分をガレージにしてしまうと、通常の建物よりも柱を確保することができなくなり、耐震性にも慣れてしまうのです。

    この場合には、鉄骨造りか鉄筋コンクリート住宅がよいでしょう。

    地下室をつくる場合で3階建てをつくる場合は、高崎市の中でも経験のある工務店がよいでしょう。



    確かにどの工務店でも3階建てを建てることもできますが、やはり経験のあるところの方が正確に建築することができます。